06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
: < >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.18 *Sun*

漫画実写化の成否④・・・「そして、デカワンコ」

カミングアウトします!
ワタクシ、デカワンコファンです!

・・・ご存知ですよね?「デカワンコ」。

異常に嗅覚の発達した、ゴスロリの女刑事、花森一子のハナシです。

不安になって内容を確認しちゃうのは、これまで、誰ともこの作品でおしゃべりしたことがないから。

「花より男子」は、ごく身近に強烈ファンがいていつもおしゃべりの中で話題にでます。
「のだめカンタービレ」は、原作本を全巻2セット揃えていて、職場でも皆で回し読みしたから、これまた話題にも上ります。
でも、「デカワンコ」については、本当に誰ともしゃべってないんですよね。

なぜかというと・・・。

「デカワンコ観てる?」と最初に誰かに質問したとき、「げっ!あんなドラマ観てるんですか?なんか、設定からしてトコトン馬鹿みたいじゃないですか。面白いんですか?」と切り返されて、言葉を失ってしまったことがあって。
それ以来、なんとなく話題にするのがはばかられ・・・。

でも、ドラマの影響で原作まで読んじゃった今となっては、やはり、普及啓蒙活動に着手しようと思います!

「デカワンコ」、おっもしろいですよぉぉぉぉぉ!

かくいうワタクシも、番組宣伝でみた「ぶっとんだ設定」のために、観るのやめたかったんです。
まず、ヒロインの設定からしてありえない。ゴスロリの刑事だぁ?
刑事ものを長年観てきたワタクシとしては、ボロなハズレ作品で時間をつぶしたくない。
このテのものは、はずれる可能性が大。・・・っていうか、大はずれの結果しかイメージできない。


それでも、観てしまったんですよね。
しぶしぶ、第一回だけでも観ておこうって、テレビつけちゃったんです。
なぜなら、主演が、多部未華子だったから。
ワタクシにとっての、若手女優期待値ナンバーワン。
出演作は、全部観ているわけで、これも観ないわけにはいかない・・・
(なんでこんな役受けるかなあって、ほんとに困ってたんです)

で、最初の5分で、もう画面に釘付け状態・・・。
多部ちゃん、変顔全開。ゴスロリ似合いすぎ。
服装はフリフリヒラヒラ、髪もクリクリオトメなのに、表情が刑事・・・って!
このギャップが、多部ちゃんの本質にあまりにぴったりすぎます。

ここでちょっと多部ちゃん語りを・・・。

彼女はいい意味で、存在感が「変」。
清楚で可憐にみせといて、実はかなり、人を食ってるところあり。
ブレない芯と他者を受け止める鷹揚さがウリで、一見控えめキャラに見えるのだけど、実は自分のオーラに周囲を巻き込んで振り回している。
幼い少女のようでいて、老獪な計算があるようにもみえる。
まあ、表面上の見た目と演技の存在感に、いつも背反するもの、小さなギャップを抱えている人なわけです。
彼女の中には、八千草薫と樹木希林が同時に存在している・・・とでもいいましょうか。
(意味不明?)

で、「デカワンコ」というドラマでは、この、「不思議に変」という多部ちゃんの存在感が遺憾なく発揮されてクリーンヒット。
多部ちゃんのコメディエンヌとしての才能がもう、きらっ、きらっ、と輝いています。

ドラマ冒頭、最初の1分間、クルクルと表情を変えるゴスロリ多部ちゃんに釘付けの一方、拳銃にキラキラのストラップつけちゃうヒロイン「一子」の行動にのけぞっていると、いきなり月夜の波止場。
犯人追跡となり、そこで、なんと、伝説の刑事ドラマ「太陽にほえろ」の主題曲が、都会的にアレンジされて華麗に流れてきちゃう・・・。これでもう、ノックアウト。
このドラマ、最終回まで視聴することに決定。

音楽のアレンジは、最初から最後まで、すべてかっこよかったです。
特に、くどいようですが、「太陽にほえろ」の主題曲が見事。最初は原曲のマンマ始まるんですけど、それがどんどん長調に転調して、明るく軽い曲調になり、最後には、ダバダバスキャットではじけちゃう。(レンタルでサントラをゲット!ヘビロテ状態)

この曲にのって、次々に登場する警視庁捜査一課13係の面々をみて、ああ、と思いました。
このドラマ、「太陽にほえろ」のパロディなんですよ。
コワモテが次々に、ゴリさん、チャンコさん、ガラさんっていう仇名で呼び合う感じ。
彼らの紹介が、ナレーションではなく一子ちゃんのナレーション風ひとりごと説明っていうのがものすごく間抜けで、観てるとき、家族みんな声あげて笑っちゃいました。
紹介される面々も、ぱっと見はまともな刑事なんだけど、ちょっとずつキャラが崩れて、一子同様、どんどん間抜けになっていく。

ようするに、映像や音楽は研ぎ澄まされていてオシャレ。で、登場人物はみんな間抜け。これがこのドラマなんだと、最初の5分でわかっちゃう。
このドラマを観る気構え・姿勢のようなものがここでできちゃう。
見事な疾走感で、その世界に巻き込まれちゃう。
ドラマの内容を吟味するような場合じゃない。
これはもう、徹底的におバカを楽しんじゃってくださいね・・・っていう、制作側の明快な姿勢。
シットコムの感覚ですね。

キャスト陣の漫画キャラも見事。層が厚い。
沢村一樹と吹越満が両脇を固めて若手を守り、田口トモロオや大倉孝二といったコメディセンス絶妙なコマを自由に動かす。背後に、伊藤四郎やら佐野史郎やらと重鎮を配してコメディとしての枠組みを強固にする。

そしてなにより、多部ちゃんの一子!これはもう、ナイスとしかいいようがない。
冒頭部で、「女を完全に捨ててる・・・」と思いましたが、なんのなんの「女」どころか、すでに「人間を捨てて」ました。登場する警察犬ミハイル・フォン・アルト・オッペンハイマーと同化していましたから。
ここまで奇抜なキャラながら、周囲との対話をちゃんと成り立たせている多部ちゃんのバランス感覚はただものじゃありません。

・・・というわけで、疑心暗鬼のまま観始めたドラマでしたが、冒頭5分で即、もってかれて最後まで視聴決定。
一子ちゃんの存在は回を増すごとに輝き、周囲の刑事キャラたちは自由自在にシチュエーションで遊び、物語はどんどんくだらない内容に落ちこみながらも、そんなことが全く気にならないくらい楽しいテンションが維持されていく。
内容ゼロなのに、ここまで魅せてしまうなんて。侮れません、このドラマ。

こうなると原作が気になり始め、娘が1冊50円の古本を探してきたので、現在出ている分だけ読んでみました。

・・・驚きました。

あのドラマって、原作より漫画っぽいんですよ。
原作のほうが、ちゃんとした内容で、事件もそれなり。
キャラ設定も、「間抜け」より「かっこいい」が勝ってて、王道の刑事っぽい・・・。
これは・・・、原作とのこの差は、またまた面白いぞ・・・ってことで、語ることが増えました。

・・・というわけで、次回は、原作とドラマの比較・・・かな。
あれ?「デカワンコ」で、二回目も書いちゃう?????これは異なこと・・・。




追記・・・それにしても、拳銃にきらきらのストラップつけて、ピーポくんのシール貼ったうえに、「もっとデコリたかった」・・・ってつぶやく一子ちゃん。かわいすぎです。

追記2・・・それにしても、銃撃戦から戻ってきた部下に対し「拳銃のタマは高いんだよ。使いすぎると経理に怒られちゃうよ」って、お金の心配している捜査一課の係長。セコすぎです。

追記3・・・それにしても、絶対に笑わないキャラのチャンコさん、落語ファンだなんて反則です。おまけに、絶対笑わない分際で、しかもあのでかいコワモテで、寄席に通って最前列に陣取るなんて、舞台上の落語家さんが気の毒すぎです。

・・・ああ、デカワンコって小ネタの宝庫。
芸達者が多すぎて、上質のショートコントの寄せ集めみたいで、もっともっとつぶやきたくなります。(特に、沢村一樹と吹越満のやりとりは最高)
スポンサーサイト

COMMENT

VIVA!デカワンコ!
didi様

こんにちは!

最近、リアル環境が平和そのもので、浮上しているするめの唄ですv

そして!!!このデカワンコネタ☆
爆笑しましたよ~!

実は私は漫画雑誌「YOU」をここ数年購読していたので、リアルタイムで読み、ドラマも毎週観ていました(笑)

didi様の周囲の反応に、言葉を失った気持ちが凄くわかります。私の周囲の反応と同じです。ひとりでデカワンコフィーバーしてました(笑)

多部未華子ちゃん良かったですよね~。彼女の小鼻が一子の「くんくん」演技にぴったりで、可愛かったです。

> 八千草薫と樹木希林が同時に存在している

これ、とってもわかります(笑)上品さと不思議な面白さがミックスされています。

「鹿男あをによし」と家のCMで、いいなぁと思うようになりました。

そして!「太陽にほえろ」のBGMは、ツボでしたよ~(笑)やられました~。私はジーパンファンでした(爆)

たくさんの漫画雑誌を読んだり、漫画原作ドラマを観ているわけではないのですが、didi様チョイスは私が嵌ったものばかりです。

善徳に嵌らなければ、原作を読み続けていたはずです(爆)

原作が記憶の彼方に行きつつあるので、キャラ設定のカッコイイが、あれ~になってしまった原作との違い記事を楽しみにしています。

善徳に嵌らなければ(←しつこい)今頃はミタフィーバーに乗っていたかもしれない、エンタメ好きです(笑)



2012/03/18(Sun) 12:03 | するめの唄 #c4NM/iBU [Edit
まさかデカワンコが来るとは!
……と、ビックリしました。didi様、こんばんは~v

のだめは漫画もドラマもほとんど見たことがないのでコメント出来ませんでしたが、デカワンコなら、原作は全部読んでます!(ドラマごくせん→漫画ごくせん→漫画デカワンコの順にハマりましたv)
残念ながら、ドラマは見ていないのですが、沢村さんと言えば某公共放送でのセクシー部長、吹越さんと言えば頭にローソクなイメージがあるので(笑)、その二人のやり取りと聞いただけで物凄く濃ゆいものが浮かびますw

原作は、確かに「カッコいい」ですよね。犬が人間化したりはしますが、真面目に、そして変にファンタジー化せずに警察組織を書いている感じがして…。ごくせんに引き続き、作者さんのオヤジを描き分ける上手さに惚れ惚れします(*´∀`*)
何より、ヤンクミを見慣れていたせいか、ワンコが例え凄い顔をしていてもすんごく可愛く見えるところが不思議ですw

続きの記事も、楽しみにお待ちしてます~vv
2012/03/18(Sun) 23:15 | 緋翠 #3GLxEfT. [Edit
Re: VIVA!デカワンコ!
するめの唄様

はい、こんばんわ。
ちょっと小旅行をしていて、間があきました。
ちょっと間があいただけで、なんか、すっごく久しぶりな気がします。
>
> 最近、リアル環境が平和そのもので、浮上しているするめの唄ですv

なによりです。どうぞ、ご自分を大事に。他の人のことなんか気にしないで。

> そして!!!このデカワンコネタ☆
> 爆笑しましたよ~!

・・・って、やっぱり反応してくれるんだもん。嬉しいかぎりです。
>
> 実は私は漫画雑誌「YOU」をここ数年購読していたので、リアルタイムで読み、ドラマも毎週観ていました(笑)

おお、初めてです!デカワンコを語れる人に初お目見え!!!
>
> didi様の周囲の反応に、言葉を失った気持ちが凄くわかります。私の周囲の反応と同じです。ひとりでデカワンコフィーバーしてました(笑)

悲しいですよね。理解者がいないのは。
ここまでキョトンとされたドラマはありませんでした。

> 多部未華子ちゃん良かったですよね~。彼女の小鼻が一子の「くんくん」演技にぴったりで、可愛かったです。
>
> > 八千草薫と樹木希林が同時に存在している
>
> これ、とってもわかります(笑)上品さと不思議な面白さがミックスされています。

ありがとうございます!多部チャンの魅力をわかっていただいて!!!
ほんと、変な子なんですけど、目が離せないんですよ。

> そして!「太陽にほえろ」のBGMは、ツボでしたよ~(笑)やられました~。

・・・でしょ。あの音楽は秀逸。遊び心満載!

> たくさんの漫画雑誌を読んだり、漫画原作ドラマを観ているわけではないのですが、didi様チョイスは私が嵌ったものばかりです。

するめの唄様だけですよ。どんなテーマにももれなくお付き合いいただいて、ありがとうございます。

> 善徳に嵌らなければ、原作を読み続けていたはずです(爆)
>
> 原作が記憶の彼方に行きつつあるので、キャラ設定のカッコイイが、あれ~になってしまった原作との違い記事を楽しみにしています。

ドラマと原作は、あまりにも世界観が違います。
原作者は、あのドラマを観てどう思ったんだろうってちょっと不安。
制作者側の不誠実のために、多部ちゃんの熱演にケチがつきませんように、と、ちょっと神様にお願いしている感じです。

あ、ミタワールド、ワタクシはだめでした。3回目でリタイア。
松嶋菜々子の役に全然感情移入できない。
一体なんで、あんなに数字が出たのやら。
エンタメ好きだけど、あまり、エンタメの現状についていけてないワタクシです
2012/03/19(Mon) 20:09 | didi #- [Edit
再度こんにちはv
didi様

> あ、ミタワールド、ワタクシはだめでした。3回目でリタイア。

そうなんですか?私は善徳に嵌ってから日本のエンタメから遠ざかり、昨年の夏から何も観ていません。ミタが面白いとランチタイムで評判だったのですが、う~ん、なるほどです。

たまたまdidi様のエンタメチョイスが、私が嵌った作品と同じでしたが、エンタメの好き嫌いが実は多いです。小説や映画も、人気と私の好きが一致することは少ないです。

花男、のだめ(&ピンポン)、デカワンコ・・・びっくりしました(笑)

didi様の記事が次はどう展開するのか、さらにドキドキです。

余談ですが、「赤と黒」を視聴終了し、最後にフランス文学、フランス・イタリア合作映画をオマージュした空気をなんとか感じることができました。
フランスといえば「のだめ」のフランス留学だなぁと「のだめ」のフランス留学編を再読し、そしてオペラ編に移行して、そして善徳と変なループをしています(笑)
2012/03/20(Tue) 15:37 | するめの唄 #c4NM/iBU [Edit
Re: まさかデカワンコが来るとは!
……と、ワタクシもビックリしました。
緋翠様、こんばんは

まさか、デカワンコが緋翠様を連れてきてくれるとはおもいませんでした。
そうですか。
「ごくせん」から「デカワンコ」・・・ですか。

実は、ワタクシは、デカワンコから森本梢子さんに興味をおぼえ、「ごくせん」が気になりはじめてしまった今日このごろです。

いやはや。森本センセ、ただものではありませんね。
少女マンガの枠を借りながら、オジサンのダンディズムをここまでこだわってみせてくれるなんて。

ドラマ「デカワンコ」とは、スタンスが全然違うので、原作ファンは観ないほうがいいかもしれません。
この原作で、なんでこのドラマ???、て、結構本気で心配してます。
森本センセ、いやだったんじゃないかなあ。
こんなに様変わりしてしまった刑事たち。


> 残念ながら、ドラマは見ていないのですが、沢村さんと言えば某公共放送でのセクシー部長、吹越さんと言えば頭にローソクなイメージがあるので(笑)、その二人のやり取りと聞いただけで物凄く濃ゆいものが浮かびますw

やはり、ツボどころをご存知ですね。
本質的にはスラップスティックなイメージがあるドラマなんですが、沢村・吹越コンビのやりとりは、存外落ち着いています。
落ち着いているのに、スラップスティック的にサワサワする。
このクスクス感がたまりません。

> 原作は、確かに「カッコいい」ですよね。犬が人間化したりはしますが、真面目に、そして変にファンタジー化せずに警察組織を書いている感じがして…。ごくせんに引き続き、作者さんのオヤジを描き分ける上手さに惚れ惚れします(*´∀`*)

・・・とおっしゃる緋翠様。やはり決してドラマは観ないでください。
漫画は、刑事たちのかっこよさが主役ですが、ドラマは、一子の特異性が主役です。漫画とは全く違います。
一子のぶっとび方を主役にしてしまうと、刑事たちもすべて奇抜なおかしさの中でデフォルメしなければいけません。
そのキャラは、総崩れといっても過言ではない。

多部ちゃんの上質なコメディエンヌとしての演技はぜひ観ていただきたいけど、そのために原作ファンに傷ついてほしくないわけで、その辺の葛藤があるわけです、この素材には。

> 続きの記事も、楽しみにお待ちしてます~vv

・・・あ、ちょっとハードル上がりましたね。
緋翠様が原作ファンだったということだけで、結構テンションあがります。
さて・・・、きっちり落とし前、つけられますかね。

2012/03/21(Wed) 21:55 | didi #- [Edit
Re: 再度こんにちはv
するめの唄様
>
こんにちは。いつも来ていただいて、ありがとうございます!

> そうなんですか?私は善徳に嵌ってから日本のエンタメから遠ざかり、昨年の夏から何も観ていません。ミタが面白いとランチタイムで評判だったのですが、う~ん、なるほどです。
>
> たまたまdidi様のエンタメチョイスが、私が嵌った作品と同じでしたが、エンタメの好き嫌いが実は多いです。小説や映画も、人気と私の好きが一致することは少ないです。

お、これ、わかります。
アンテナにびんびん触れるものに対してはどこまでも熱くなれるんだけど、触れないものに対しては全く心が動かない。極端だっていわれます。
だから、同じ「花より男子」でも、韓国版には全くアンテナが反応しなかったので、韓国ドラマファンからは厳しく糾弾されました。
だって、興味もてないんだもの、しょうがない、・・・ですよね?

> 余談ですが、「赤と黒」を視聴終了し、最後にフランス文学、フランス・イタリア合作映画をオマージュした空気をなんとか感じることができました。
> フランスといえば「のだめ」のフランス留学だなぁと「のだめ」のフランス留学編を再読し、そしてオペラ編に移行して、そして善徳と変なループをしています(笑)

するめの唄様の心の旅も、なかなか自由度全開ですね。
周囲の人にいうと、「脈絡がない」とか、言われません?
どうしてそこに飛ぶの???とかって、本当によく聞かれたりしますよね。

そこにもまた、お仲間意識を感じてしまう今日この頃ですが。
また別のお題を得たとき、するめの唄様のループに少しでも触れることができるといいなあ。

2012/03/22(Thu) 11:22 | didi #- [Edit

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。