09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
: < >

This Category : 未分類

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.26 *Sun*

近況報告

まずは、midorin様、rin様、するめの唄様に謝罪を。
コメントをいただいていたのに、放置状態でごめんなさい!
(届くかなあ。届きますように)

いろんなところに旅に出ている間、PCは持ち歩いていたのに、どういうわけかこのブログにログインできず、管理画面に到達不能となり、お返事できませんでした。

すべての設定を娘まかせにしていたツケ。
彼女が短期留学で海外に出てしまった途端、全く対応できない悲しいアナログ人間をお許しください。
(携帯から返信・更新なんて、そんな21世紀的な行為を、私なんぞができるはずもなく・・・)

受験生を巻き込みたくはなかったのですが、見兼ねた息子がようやく対応してくれて、ログインできるようになりました。(・・・ひょっとして、根本的な解決にはなってない・・・?)

早急に返信させていただきます。
改めて、お詫び申し上げます。

次に、こんなブログに何度か足をお運びの皆様(もう、誰もいないかもなあ・・・と思いつつも・・・)、一度は復帰をしておきながら、再びの放置状態を、お許しください。

didiは、今度こそ帰ってまいりました!

どこからって・・・?
まあ、いろんなところからです。

福岡から・・・とか、裁判所から・・・とか(注・犯罪は犯していません)、病院から・・・とか(人生初の手術を体験!いやあ、人生に開眼しました)、とにかく、この数ヶ月に襲ってきた様々な茶碗の中の嵐から。

ん十年の人生を暢気にぼんやりと生きていた人間でしたから、アドレナリンにまみれたこの数ヶ月は、なかなか刺激的でした。(かかったストレスの影響で、持病が悪化して入院となってしまったときは、さすがに落ち込みましたが。いやあ、身体って、素直に反応するものなんですね)

最初は「なんでこんなことに?」と、ちょっとパニクってました。
でも、よく考えてみたら、誰でも同じような波をかぶるんですよね。
誰にでも、フツウに起こることばかり。
そう思えるようになったら、すべてが簡単な手続きのように思えまして。
いつかは、終わることばかりだったから。

で、多分、もう、大丈夫。
たいがいのことは終わったと思うんですよ。
でね、でね、振り返ると、そんなに悪いことばかりでもなかったんですよね。

まず第一に、友人たちのありがたみが身にしみたこと。

故郷に長く滞在したおかげで、再会した面々がありました。
高校時代の3年間に、濃い友人関係を築いた部活の仲間たちです。
特に、貧乏暇なしのシングルマザーである一番の親友とは、メールでの近況報告ばかり。
本当に会っていなかったはずなのに、リアルな本人と会ってしまえばその瞬間から、ごくフツウに高校時代のボケとツッコミが成立しました。これにはお互いびっくりの泣き笑い。
10代のときの友達って、本当に貴重ですね。

札幌の職場の人々にも、ほんと、たくさんの気遣いをいただきました。
なんといっても、これだけ穴をあけたのに、まだ職場をクビになってない!
辞職覚悟で事情を説明に行くと、逆に励まされて、その後は気長に待ってくれていました。
奇跡的な職場環境だよなあ・・・とつくづく実感。
(みなさん、温かいメールありがとうね)

そして決定的だったのが、もうひとりの宮城在住のマブダチ。
私の身の上に起きたことなど、しょせん茶碗の中の嵐だったのに。
彼女は、3.11の被災者。
茶碗どころか、大地と海という地球規模の荒れの中で人生を大きく変えられ、まだ修復に至っていないはず。
なのに、その彼女が私を心配しつくして、わざわざ会いにきてくれたわけですよ。
あの災害時に私が彼女にできたことなんて、本当にわずかなことだったのに。
彼女はそれ以上を返そうとしてくる。
どんだけ懐深いのよ、あんた、って。これまた泣き笑い。

つくづく思いますね。
一見試練にみえることも、実は豊かで幸福なつながりを確認できるチャンス。
自己憐憫という罠にさえはまらなければ、人はどこまでも優しくなれます。
・・・きれいごと?・・・でもいまは、きれごとが気持ちいいいです。

あ、そうそう。もうひとつ良かったこと。
持病の頚椎ヘルニアが、手術で楽になりました!
これ、誰の身体?っていうくらい、軽い。
悪化したおかげといってはなんですが。
入院・手術は、試練ではなく、幸運でしたよ。

ついでに。
母の長い不在のおかげで、うちの中・高生が、すっかり料理上手になったこと。
いやあ、二人とも、全然動揺はなかったなあ。
母なんていなくてもよいってことかしら?・・・と寂しく思えるくらい・・・。
子どもって、適応力が高くて順応するもんなんですよね。
二人とも受験生なのに・・・、って心配する人もいたけど。
それ、違いますよ。
受験生だから良かったんです。部活、引退してるから。
部活のあるときは、朝練から夜帰るまでが長いでしょう。
お弁当ふたつに夕食もがっつり用意しなくちゃ、って感じ。
その時期を過ぎた後だったから、かえってよかったです。
もう、いつでも一人暮らしできそう。

・・・そして、これだけは言っておかなくちゃ。
極地に赴任中の夫が来月帰還。
やっぱり・・・すべてが終わってから、帰ってくるのよね。
もう、こうなったら、ネタ以外のなにものでもないぞ。

・・・なんて、とりとめのない報告でしたが。
何が言いたいかというと・・・。

人生ば、楽しまんと。・・・ってことで。
スポンサーサイト

2012.01.08 *Sun*

勧善懲悪論を・・・ぶってみる。。。

1、まずはごあいさつ

しばらく放置していたブログに近況のようなものをアップしましたら、以前、一緒に遊んでいただいた善徳女王つながりの皆様からも、思いがけず温かい励ましをいただき、なんだか、すごく感激いたしました。

皆様、ありがとうございました。

にもかかわらず、年末年始はたまっていた仕事に追われて、コメントのお返事が遅れました。失礼いたしました。
そのお詫びがてら、ここで改めてごあいさつを。

ブログって、なんだか不思議ですね。
ここで善徳女王を語り始めたときは、皆様とのこのようなつながりなど想像もしておらず・・・。
いただいたお言葉から、ものすごく力をいただいております。
くどいようですが、本当にありがとうございました。

2、いきなりの「勧善懲悪論議」を言い訳してみる

ということで、今年最初のブログネタは・・・。
なぜか、勧善懲悪・・・なんですよ。

いえね、このところのトラブル(相続問題なんですが・・・)で、誰が正しい、誰が間違っている、という議論をさんざん聞かされまして・・・。

自分が「善」だと信じていると、対立する存在がどこまでも「悪」に見えてくる。
しかもその見え方は、連鎖反応を引き起こして周囲の人間にも負のエネルギーをもたらすわけです。
一度その考えに捉われると、物事はすべて二色に見えてしまって、細やかさや冷静さが一挙に失われていく。

でも、「善」と「悪」という二元論を一度捨ててみると、気持ちは楽になるんですよね。
物事の全体を見渡すと、実はそこには、善とか悪とかいう色はないとわかる。
ただ人が生きていて、それぞれの思いがあるだけ。
二分なんてとんでもなくて、100分にも1000分にもなる極彩色の価値観や生き方があるわけです。

・・・なんて、わかっていても、残念ながら、人の心はどうしても単純でわかりやすい二元論にすがりつこうとする。
特に、思いがけない不幸に見舞われて「なぜ私がこんな目にあっているの?」と悲嘆している人は、どんどん狭くて暗い所見に陥りやすいような気がします。

こういう人をどうやって、2分ではない世界、100分とか1000分の世界に引き出すか。

そのときふと思いついた言葉が、「突き抜ける」・・・でした。

ふさがった状況を打破するとか、全く違った見方をしてみるとか、とにかく考えることをやめて行動してみるとか、いろいろな解決方法を一挙に表現する一言。

「突き抜ける」・・・ということ。

慣れ親しんだフィクションの世界でいえば、「水戸黄門」式の勧善懲悪というふさがった世界を、どう転換させて人々の心をすっきりと解放させるか。
それができる作品はやはり、名作、秀作、佳作の類なんですよね。

現実の問題でもそれができればいいなあ。
悲嘆にくれていたり、怒りに捉われていたり、茫然自失だったりする人も、こちら側のすっきりした世界に引き出せるんじゃないかなあ・・・なんて、大仰なことを考えてしまうわけです。

3.トンマンの突き抜け方を、ちょっとマネしてみる

で、ワタクシ、改めて「善徳女王」について考えたんですよ。

あの物語は、全編、突き抜けてましたよね。

ミシルを巨悪のように見せるというフェイクを仕掛けといて、さらに、ムンノみたいなヒロイックな存在に重心を担わせておいてですよ。
もう、「勧善懲悪という予定調和を完全な形で展開させます」と、宣言したかのような冒頭部を作っておいて。
それを少しずつずらし、ことごとく裏切るという物語構成。

とりわけトンマンの突き抜け方は爽快でした。

なんたって、巨悪であるはずのミシルを知恵の源とし、彼女から学びながら新世界を構築しようというのですから。
さらに、物語的には英雄であるはずのムンノに完全否定されてなお、ムンノの目指す世界の一番近いところまでたどりつく(完全にたどりつく前に死んでしまうのもまた、この物語ならではの裏切りなんだけど)。
はたまた、「善」の立場であったはずの王族の人たちとは道を違え、「悪」であったはずのミシル軍団を最後まで抱き込むことも、ひとつの突き抜け方ですよね。

最期のあり方も、見事なずらし方でした。
あくまで「善」の道を行くユシンにバトンを渡しながら、自身は「善」とも「悪」とも関係ない・・・というか、どちらをも内包し、「愛」だけに生きたピダムと最期を共にしようとするわけですから。
(あ、異論ありですか?ではまた、それは次の機会に)

 やっぱトンマンは、私にとって最強のヒーローだなあ。

 自分に対し「負」の認識をしているものから力を得る。
 
 これね。魂のレベルが相当高くて、心身ともに柔軟でなければできない荒業ですよ。

 実はワタクシ、本気でトンマンをまねてみようと思いました。
 猛烈な誤解に身を投じて、私に対して怒りを発散させている人に対し、まずはその人の立場から何か学べないかと思ったんです。
 で、何度も話し合いの中で解決の糸口を探ろうとしました。
 ・・・でも、だめでした。あまりに頑なに気持ちを閉ざされて、つゆほども入り込めない。
 あああ、リアルトンマン、どっかにいないかな・・・って、これまた逃避?

2011.12.27 *Tue*

日常が戻ってまいりました・・・

ブログ更新、滞っておりました。

皆様、お久しぶりでございます。

ごあいさつが遅れ、大変失礼しております。

11月に、身内に不幸があり、それに伴うトラブルが次々に発覚しまして。
2ヶ月の間に、札幌ー福岡を7往復するという、あわただしい日々を過ごしておりました。

平凡な生活の端っこが、ちょっとほつれかかった程度の出来事です。
この年まで、お金と法律のことに無関心なまま生きてきたツケがここに集中したといいましょうか。
相当うろたえてしまって、職場にも家族にも心配をかけました。

あの震災下で、さらに大きなものを失った人たちもいらっしゃるというのに。
こんなことくらいでジタバタして、ほんと、お恥ずかしいかぎりです。

それでもね・・・。
一時はどうなるかと思いましたが、不思議なもので、日常はちゃんと戻ってくるものですね。

まあでも、戻ってきても、しばらくはちょっと気が抜けてぼんやりしておりました。

が、昨日、思いがけず、このブログにコメントをいただきまして。

慌しい出来事の中で失念しておりましたが、そうですよ、ワタクシメ、ここに遊び場を持っておりました!

あ、いけない、放置したまんまだよ・・・て。

で、急いでいま、更新しております。

夏に、善徳女王につかまって、はまりにはまって、語りに語ったことを思い出しました!

あれだけ濃密に物語の世界に入り込んでいたのに、なんと遠い過去のようになってしまったことか。

・・・というわけで、善徳ファンの方で、もしまだここに来てくださった方がいらっしゃるとしたら、なにはともあれ、ごあいさつを・・・。

改めまして、ご無沙汰しております。

物語を語るという体験において、皆様と共有した時間は、わずかではありますが、忘れがたいものでした。

にもかかわらず、長い長い放置状態、心よりお詫び申し上げます。

ただ、ブログ復活までには、もうしばらくかかりそうです。

今はまだ、現実の処理に振り回されており、物語に心が向かない状況なので。

が、ワタクシメ、もともとがエンタメ体質。現実よりフィクションに生きたい本質は変わっておりません。

きっとまた、本を手にとり、ドラマを観るべくテレビをつけ、観たい映画を物色する日々に戻ると思います。

ですので、もうしばらくはお休みをいただきますが、次に再開するときには、「善徳女王」に限定せずに、いろんなものに感性の触手を伸ばしていこうと思っております。

ほんと、人間、いつ死ぬかわからない。

トラぶったときには正面から対処するにしても、平和なときにはやはり、好きなことに没頭したい!

これ、つくづく実感したことです。


善徳ファンの方がまだここに来てくださっているとしたら、突然のドロップアウトを、お許しください。

ここで皆様と語り合えたこと、本当に楽しかったです。忘れません。

また、何かのテーマでお会いできればと思います。

そのときはまた、対話のやりとりをしていただけると、ありがたいなあ。

ということで、取り急ぎのごあいさつとさせていただきます。

では、皆様、よいお年を・・・。


                        

余談

一連のトラブルに右往左往する私に対し、極地にいて静観していた夫が申しました。

「君が今いる状況こそドラマチックだよ。それ、シナリオに書いてドラマにしたら?」

いっちばんシンドイときの、夫の言葉です。能天気さに呆れました。


わかってないなぁ!自分の身の上に起きている問題は、「現実」なの。
エンタメにはなりえないの!!!・・・って、叫んでしまった次第です。

(ほんと、大事なときに不在を決め込む役立たずのヤドロクめ!・・・とは、さすがに言わなかったけど)





















2011.10.27 *Thu*

善徳女王・・・ちょっとお休み

前回書いたのですが、10月に書いた記事がごっそりなくなりました。

どうも、復活は難しいようです。・・・ぐすん。

これまで自分が書いた記事を確認しながら、次のテーマを積み上げてきたので、土台がなくなってしまって心細いことになってしまいました。

今まで読んでくださった方もいらっしゃったので、ここでちょっとお休みのお知らせ。

これまで書いた記事を、そのまま起こすことはできませんが、自分がどんなことを考えて記事にしてきたのか、もう一回整理しなおしてから、次の記事を書きたいと思います。

で、この週末まで更新をお休みします。

来週は再開できるようにしますので、ぜひ、また遊んでくださいね。




2011.10.07 *Fri*

熊出没注意・・・マジですから

あ、すみません。善徳女王からちょっとはずれます。

ご心配をおかけしてます。特に、道外の友人の皆様。
我が家から徒歩10分の場所にヒグマが出たのは事実ですが、まさか全国版で報道されるとは。
で、いろいろ連絡をくれるみなさまに、公共の電波(ブログ)を通して報告。

ダイジョブですよお!慣れてますから!!

いえ、熊出没って、結構あるんです。今回は神宮前という街のど真ん中だったから大騒動。
同じ札幌市内の友達からも心配されたりして。みんな、都会人だなあ。
クマ、普通にいます。対策はいつも考えてます。・・・みんなが騒ぐほうがびっくり。

困ったのは、警察がやたらに巡回していて、車を止められて、ドキッ。
え、ブレーキランプ切れてた?とか、追い越し見られた???とかいろいろ後ろ暗いところがありまして。
でも、違いました。熊を警戒してたんです。

「どちらに行かれるんですか?」・・・て問われて、「家に帰るんです」。
「この先は森ですよ。林道には入らないでください」・・・って強い口調で言われて。
「いや、だから、その林道のどんづまり、森の入り口がうちなんです」ってこたえて疑われて。
家までついてこられてしまいました。
で、「ここにお住まいですか・・・?」といわれ、「はい」といって絶句されまして。
すみません、こんなところで。ええ、札幌のチベットといわれてます。・・・グスッ。
沢ぞいに熊が降りてくる可能性があります、外に出ないで、熊をみたらすぐに通報を・・・と注意を受け・・・。
家族構成、ここに住む理由など、根掘り葉掘り聞かれました。
で、夫が単身赴任中で、私と子どもだけということで、また仰天されてしまい・・・。
(あ、また心配かけるようなことを言ってしまった。これまたダイジョブなんです。
うちの隣、林道のもう一軒には、強力な独身男性軍団が住んでいて、気は優しくて力持ち。
ワタクシメのご飯を食べたいばかりに、きっちりうちのことは防衛してくれます)

「お子さんは徒歩で帰宅されるんでしょう。熊に遭遇したらどうするんです」・・・て問われ・・・。
「目を見ないこと、走らないこと、荷物を置いてゆっくり後ずさることなど、きちんと教えています」
という言葉に、「え、そんなことでは対処できません!」と叱られ・・・。

若い警察官だったから、マジで心配してくれたんだろうと思いますが、何かが違う。

クマは、こちらが礼儀さえ守れば襲ってきません。
もし、襲ってくる熊がいるとすれば、それには必ず理由があります。何かの理由で傷ついた熊です。
そういう熊に遭う確率は、街で無差別殺人に遭う確率よりも低い。遭遇しても、騒がず、あわてずに対処できればお互い傷つけあうこともありません。
多分、我が家の周囲の熊は、この森の入り口に私たち一家が住んでいることを知っています。だから、絶対に私たちの前に姿を現しません。
向こうだって怖いから、礼儀をわきまえている。私たちもそうです。
日常的に意識しあってこそ、お互いが安全に過ごせます。
一度だけ、突然姿を見てしまったからといって騒ぐと、かえって危険な気がします。

私たちのことより、街に出てしまった熊のほうを心配してあげたほうがいい。
この時期に出てきてしまうということは、今年は木の実が不作なんです。
北海道らしからぬ妙な雨が春先に多く降りました。熊にはつらい年なのかも。
人間の食べ物の味を覚えさせるようなことのないよう、正しい方法で山に返してあげてほしい。

・・・そういえば、ヨメになって札幌に行くといったとき、「熊が出るぞ」って脅されたなあ。
特に福岡のみんなにはきっと、想像できないよなあ。

繰り返します。

ダイジョブだよ。私たち、ちゃんと共存してるからね!

ああ、日常は、時としてドラマ以上にドラマチックなり。











プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。