01
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
: < >

This Archive : 2012年01月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.08 *Sun*

勧善懲悪論を・・・ぶってみる。。。

1、まずはごあいさつ

しばらく放置していたブログに近況のようなものをアップしましたら、以前、一緒に遊んでいただいた善徳女王つながりの皆様からも、思いがけず温かい励ましをいただき、なんだか、すごく感激いたしました。

皆様、ありがとうございました。

にもかかわらず、年末年始はたまっていた仕事に追われて、コメントのお返事が遅れました。失礼いたしました。
そのお詫びがてら、ここで改めてごあいさつを。

ブログって、なんだか不思議ですね。
ここで善徳女王を語り始めたときは、皆様とのこのようなつながりなど想像もしておらず・・・。
いただいたお言葉から、ものすごく力をいただいております。
くどいようですが、本当にありがとうございました。

2、いきなりの「勧善懲悪論議」を言い訳してみる

ということで、今年最初のブログネタは・・・。
なぜか、勧善懲悪・・・なんですよ。

いえね、このところのトラブル(相続問題なんですが・・・)で、誰が正しい、誰が間違っている、という議論をさんざん聞かされまして・・・。

自分が「善」だと信じていると、対立する存在がどこまでも「悪」に見えてくる。
しかもその見え方は、連鎖反応を引き起こして周囲の人間にも負のエネルギーをもたらすわけです。
一度その考えに捉われると、物事はすべて二色に見えてしまって、細やかさや冷静さが一挙に失われていく。

でも、「善」と「悪」という二元論を一度捨ててみると、気持ちは楽になるんですよね。
物事の全体を見渡すと、実はそこには、善とか悪とかいう色はないとわかる。
ただ人が生きていて、それぞれの思いがあるだけ。
二分なんてとんでもなくて、100分にも1000分にもなる極彩色の価値観や生き方があるわけです。

・・・なんて、わかっていても、残念ながら、人の心はどうしても単純でわかりやすい二元論にすがりつこうとする。
特に、思いがけない不幸に見舞われて「なぜ私がこんな目にあっているの?」と悲嘆している人は、どんどん狭くて暗い所見に陥りやすいような気がします。

こういう人をどうやって、2分ではない世界、100分とか1000分の世界に引き出すか。

そのときふと思いついた言葉が、「突き抜ける」・・・でした。

ふさがった状況を打破するとか、全く違った見方をしてみるとか、とにかく考えることをやめて行動してみるとか、いろいろな解決方法を一挙に表現する一言。

「突き抜ける」・・・ということ。

慣れ親しんだフィクションの世界でいえば、「水戸黄門」式の勧善懲悪というふさがった世界を、どう転換させて人々の心をすっきりと解放させるか。
それができる作品はやはり、名作、秀作、佳作の類なんですよね。

現実の問題でもそれができればいいなあ。
悲嘆にくれていたり、怒りに捉われていたり、茫然自失だったりする人も、こちら側のすっきりした世界に引き出せるんじゃないかなあ・・・なんて、大仰なことを考えてしまうわけです。

3.トンマンの突き抜け方を、ちょっとマネしてみる

で、ワタクシ、改めて「善徳女王」について考えたんですよ。

あの物語は、全編、突き抜けてましたよね。

ミシルを巨悪のように見せるというフェイクを仕掛けといて、さらに、ムンノみたいなヒロイックな存在に重心を担わせておいてですよ。
もう、「勧善懲悪という予定調和を完全な形で展開させます」と、宣言したかのような冒頭部を作っておいて。
それを少しずつずらし、ことごとく裏切るという物語構成。

とりわけトンマンの突き抜け方は爽快でした。

なんたって、巨悪であるはずのミシルを知恵の源とし、彼女から学びながら新世界を構築しようというのですから。
さらに、物語的には英雄であるはずのムンノに完全否定されてなお、ムンノの目指す世界の一番近いところまでたどりつく(完全にたどりつく前に死んでしまうのもまた、この物語ならではの裏切りなんだけど)。
はたまた、「善」の立場であったはずの王族の人たちとは道を違え、「悪」であったはずのミシル軍団を最後まで抱き込むことも、ひとつの突き抜け方ですよね。

最期のあり方も、見事なずらし方でした。
あくまで「善」の道を行くユシンにバトンを渡しながら、自身は「善」とも「悪」とも関係ない・・・というか、どちらをも内包し、「愛」だけに生きたピダムと最期を共にしようとするわけですから。
(あ、異論ありですか?ではまた、それは次の機会に)

 やっぱトンマンは、私にとって最強のヒーローだなあ。

 自分に対し「負」の認識をしているものから力を得る。
 
 これね。魂のレベルが相当高くて、心身ともに柔軟でなければできない荒業ですよ。

 実はワタクシ、本気でトンマンをまねてみようと思いました。
 猛烈な誤解に身を投じて、私に対して怒りを発散させている人に対し、まずはその人の立場から何か学べないかと思ったんです。
 で、何度も話し合いの中で解決の糸口を探ろうとしました。
 ・・・でも、だめでした。あまりに頑なに気持ちを閉ざされて、つゆほども入り込めない。
 あああ、リアルトンマン、どっかにいないかな・・・って、これまた逃避?
スポンサーサイト

プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。