06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
: < >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.15 *Thu*

梨田監督、私はあなたが好きでした

私は、梨田監督が好きでした。

 だから、退任の報道はとても残念です。
 他球団の監督が次々と来期続投を確認していく中で、梨田監督は退くと決断されたのですね。

 あなたは、穏やかな監督でした。
 激昂することもなく、ものに当り散らすということもない。
 選手や他のスタッフの悪口を決して言わず、敗戦時も他の誰かのせいにすることはない。
 今期、シーズンはじめ、全く打てない中田を使い続けていたときのあなたの受け答えを忘れません。
(いつまで我慢して使い続けるのか、という質問に対して・・・)
「間違えないでね。我慢して使っているのではなく、期待して使っているの。
 まだ打てないでいるけど、彼を悪く書かないでね。使ってる僕の責任だから」
 ちょっとすべりがちなダジャレコメントも、緊迫しがちな連戦中などに聞くと、なんとなくほっとできました。

 監督といっても、ファイターズという球団は、お山の大将にしてくれません。
 監督の意向よりもまず、チームありきというチームカラーです。
 監督の人事権は限られていて、与えられた選手だけで結果を残さなければいけない。
 いろいろ不自由な中で、選手層は今年、劇的な世代交代の時も迎えました。

 4年の成果を聞かれて、陽、中田、糸井のことをあげたそうですね。
 大野のことも忘れてはいけません。彼もあなたの業績です。
 ルーキーイヤーから一軍で使い続けてくれたからこそ、つるちゃんのけがのとき、チームは揺れずに開幕を迎えることができました。大野のキャラは、おそらく、今後のチームを支える重要なポストを担うでしょう。
 小谷野を4番に据えたのは英断でした。HR狙いではなく、劇的にチャンスをものにする打点王として彼は目覚めることができました。
 宮西や榊原、増井といった投手陣も、梨田監督のもとで自分の位置を得て結果を残しました。

 ヒルマン体制のもとでは、金子・田中・稲葉といった、ファイターズの野球哲学のベースを担う選手が育ちました。
 梨田体制では、そのヒルマン体制をうまい具合に土台にしながら、打率を稼ぐ打者陣を形にしました。

 私たちファンは、そうした流れの中で安定した強いチームを楽しむことができました。

 私は、梨田監督を好きでした。
 
 なに、新庄の引退宣言のときも、ヒルマンの退任会見のときも、くじけなかったファイターズです。

 今回も、選手たちは監督を胴上げするためにがんばると思います。

 どうぞ、残りの時間、この選手たちとおおいに楽しんでください。
 私たちも最後まで目を離すことなく、見守っています。

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。