10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
: < >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.29 *Wed*

スポーツにエンタメ、そしてファンタジー・・・ってか?

まず、言いたい。

ワタクシ、ファイターズファンですが、野球ファンではありません。
ワタクシ、「善徳女王」というドラマのファンですが、韓国ドラマファンではありません。

この大前提をまず、ご確認いただきたく・・・!!!

・・・なんでこんなことを言ってるかというと・・・。

北海道支部全体でアンケートしました。
みんなで話題にしたいことって、何?・・・ってことで。

このアンケート順により、広報に掲載するコラムの内容が決まるとのこと。

で、いただきました!3つのお題。

ダントツ1位がプロ野球のこと

改めて、呆れました。
北海道の人って、ファイターズ好きよね(いや、みんなじゃないけどさ・・・)
チャンスがあれば語りたい・・・っていう節操のなさが、アンケートから伝わってきましたよ。

でもまあ、野球ではなく、ファイターズのことなら少しおしゃべりできるかな?
あの球団が滲み出す物語は、毎年、かなり面白いですから。
日本のプロ野球の世界観から、微妙に浮いてるあの感じ・・・。
空気読まないことにかけても、天下一。
ポリシーないと見せかけといて、かなり頑固にわが道を行くマイペース加減は、なかなか目が離せません。
・・・というわけで、「野球」は語れませんが、北海道の日ハムファン限定のおしゃべりはできます。
(東京時代からの筋金入りのファンの方に見つかったら叱られそうだから、こっそり書きますね・・・って、そんな人、ここにはこないんだけど・・・)

で、堂々の2位がエンタメ。特に韓国ドラマ・・・とな???
これは困りました。無理です(きっぱり!)。
        
これ多分、ワタクシがずっと撒き散らしていた「善徳女王」パワーの余波ですよね?
韓国のドラマや史劇に詳しいと思われちゃったみたいですけどね・・・。

「善徳女王」はスペシャルすぎて、ワタクシの中では「韓国ドラマ」の範疇ではないんですよ。
あえて分類するなら、「ファンタジー」。
人生の至宝と認識している「ナルニア国物語」や「守り人シリーズ」と同列なんです(わかる人だけ、わかってください)

ちなみに、今まで観た韓国ドラマで、最後まで視聴できたものって、ワタクシの場合、10本の指で足りるほど。
どれも長い上に、同じテーマが多すぎでしょ。
「善徳女王」は例外中の例外。
60話分を一気見した後に、再視聴を二度、三度、なんて、他にはありえませんから。
(どんだけ特別かは、またいずれ、深く深く語らせていただきますが・・・)

だからね。「善徳女王を語った密度で、他の韓国ドラマを語れ」といわれても、無理。

ちなみに、ワタクシはどちらかといえば、日本のドラマの方がすきです。

韓国ドラマは、物語の「情」と役者の表現力という力技で、有無を言わさず感情に迫ってくる創りが多いような気がしますが、これは、ちょっと苦手。
我に返る間もなく引っ張ってくれるならOKなんだけど、ちょっとでも間を与えられると、すっと冷めて、視聴意欲が突然途切れてしまう。

役者がどれだけヘボでも、とりあえず物語の仕組みだけで視聴者を釣り上げようとする日本の創りの方が、なんだか軽く観ることができて、楽なんですよね。
もともと、物語の方が視聴者と距離をとっているので、気持ちが離れても観つづけることができますから。

・・・というわけで、すみません
「韓国ドラマブログ」としては、didiのブログは成立しません。

だけど、映画・ドラマを中心にしたエンタメのことなら、浅く広く語ることができます。
ワタクシのおしゃべりに反応があれば、そこはさらに深く突っ込みますよ。
そうすればまた、「善徳女王」のときのようなブームが起きるかもしれませんね。
その大前提で、エンタメについておしゃべりしようと思ってますので、よろしく。

で、控えめに3位は読書

これ、ワタクシの以前の読書ブログを知っている人たちがリクエストしてくれたんですよね?
うん、これはダイジョブ。
ファンタジーとミステリー限定ですけど、語りたいことは溢れてますから。
これはそんなに、肩に力を入れることなく書けそうです。

・・・ということで、この3つのお題で、今後、コラムのようなモノをぶちあげることになりました。
とりとめのないことになりそうですね。
でもこれも多分、期間限定。
また、次にやりたいことがはっきりするまで、しばらくお付き合いくださいませ。
スポンサーサイト

COMMENT

アンケートと小説
didi様

こんばんは~♪しつこく通いつめるストーカーなするめの唄です(笑)

今回は、「アンケート」に反応してしまいました~。
アンケートの集計、分析が基本的に好きです☆

最近、お仕事で久しぶりにアンケートの入力、集計をしました。
あるテーマのセミナーについて、聴講者のご意見アンケートです。
いろんな方が、いろんな文章で、いろんな事を書いていて、これを書いた人はどういう方だろう・・・って推察しながら入力していました。

ブログを徘徊するようになってからも、文章から推察してしまいます。書いてあることを、素直に受け取っていいものかどうか?書いた本人が自覚していないかもしれない、隠れた本心があるように感じるときがあります。

didi様が自ら書き殴りと表現した文章は、真っ直ぐな姿勢が前面に出ていて気持ちいいです。

小説は、怪奇要素があるミステリーが好きです。
小説もストーリーだけではなく、書いた人がどういう気持ちで書いたのか、考えてしまうときがあります。

didi様がどんな小説を読んできたのか、知りたいです☆
2012/03/01(Thu) 19:42 | するめの唄 #c4NM/iBU [Edit
Re: アンケートと小説
するめの唄様

いらっしゃませ!
ストーカー大歓迎。
ただ、「物好き」呼ばわりは許してください(笑)

> アンケートの集計、分析が基本的に好きです☆

あ、実はワタクシも。
我ながら妙な趣味やと思うとりましたけど、同病の御仁がおられましたか。

> いろんな方が、いろんな文章で、いろんな事を書いていて、これを書いた人はどういう方だろう・・・って推察しながら入力していました。

そうなんですよ。
うちの支部のアンケートなんて、狭い人間関係の中で回ってますから、無記名でも誰が書いたか、わかってしまう。
どんな話題がいいかと質問されて、還暦過ぎた立派な紳士が、第一希望にも、第二希望にも、第三希望にも、「イナバ」「イナバ」「イナバ」と、連呼するように繰り返し書いてました。
ファイターズの選手の名前です。だだっ子みたいで、おかしくて仕方ない。
「野球大好き」な勢いが、伝わるでしょう。

第一希望、第二希望、第三希望の枠を全く無視して、でかでかと「ピダム」と書いた御仁もおります。
集計したのがワタクシでなければ、何のことだかわかんないですよね。

そうかと思うと、細かい文字で、すべての欄に、こまごまと具体的なことまで書き記してくる御仁もいる。

ほんと、一枚の用紙に、性格があらわれますよね。

> ブログを徘徊するようになってからも、文章から推察してしまいます。書いてあることを、素直に受け取っていいものかどうか?書いた本人が自覚していないかもしれない、隠れた本心があるように感じるときがあります。
・・・うっ、これは怖いですね。

> didi様が自ら書き殴りと表現した文章は、真っ直ぐな姿勢が前面に出ていて気持ちいいです。

性格的に、変化球は投げられません、すみません。
結婚前の職場では、「直球ストレートガール」なる肩書きをちょうだいしておりました。
もし、文章の中でお気に障るようなことがあっても、壊れた性格のせいだということで、ご容赦ください。

> 小説は、怪奇要素があるミステリーが好きです。
> 小説もストーリーだけではなく、書いた人がどういう気持ちで書いたのか、考えてしまうときがあります。
>
> didi様がどんな小説を読んできたのか、知りたいです☆

はいな。お題、いただきました!怪奇要素ありのミステリー!!!
では、事始めに、スティーブンキングなんて、どうでしょう・・・ね?
2012/03/02(Fri) 15:07 | didi #- [Edit
スティーブン・キング!
didi様 こんばんは~♪

「物好き」と言われて、嬉しいするめの唄です!

アンケートの連続「イナバ」とドデカ「ピダム」に、電車の中で吹き出してしまいました(笑)

スティーブン・キングをお読みなんですか?
実は、私は外国作家が昔から苦手なんです。
翻訳物がダメみたいです。

でも映画は海外のほうが好きです。(←変)

スティーブン・キング原作の映画に好きな作品があります。
ショーシャンクの空に
グリーンマイル
スタンド・バイ・ミー(リバー・フェニックスLOVE☆)
です。

キャリーとシャイニングは、DVDのパッケージが怖くて見れません(涙)
感受性が強いのと、微弱な霊感があるみたいで、超常現象は好きなのですが、猟奇的映像が強いと夢に見ます(子供みたいです笑)
幽霊はダメで妖怪は平気です。(ますます変人ぶりが・・・)

スティーブン・キングは、宮部みゆきさんがファンみたいで、宮部さんの初期の作品を、20冊くらい読んでいた私としては、スティーブン・キングの偉大さを思いしらされています。

didi様目線のコラムを楽しみにしています。
2012/03/02(Fri) 21:43 | するめの唄 #c4NM/iBU [Edit
Re: スティーブン・キング!
するめの唄様 

またまた、いらっしゃい。
一緒に遊んでくださって、こちらも嬉です。

> スティーブン・キング原作の映画に好きな作品があります。
> ショーシャンクの空に
> グリーンマイル
> スタンド・バイ・ミー(リバー・フェニックスLOVE☆)
> です。
>
> キャリーとシャイニングは、DVDのパッケージが怖くて見れません(涙)

この感性、ワタクシと全く同じです。
ショーシャンクも、グリーンマイルも、永久保存版を3枚も用意して、年に1度は見返す作品です。
スタンドバイミーは、息子が中学生になるのを待って、一緒に視聴しました。
もし、孫が生まれて、それが男の子だったら、また、中学生になるのを待って一緒に観たいと決めてます。
(何歳まで生きるつもりなんでしょうね)
どれも、永遠の一枚となる特別な作品。大好きです。

でも、キャリー、シャイニングは、怖い。
だめです。観ることができません。
基本、エンタメ人間を自称しているにもかかわらず、痛いのはだめなんですよ。
自分の限界を思い知らされる瞬間です。

>感受性が強いのと、微弱な霊感があるみたいで、超常現象は好きなのですが、猟奇的映像が強いと夢に見ます(子供みたいです笑)
> 幽霊はダメで妖怪は平気です。(ますます変人ぶりが・・・)

これも、すごくわかる。
霊感の強い友人が、森の中にある我が家に遊びに来たときに、言いました。
「ここ、確実に何かいるよね」
ワタクシは霊感なんて全く皆無なのですが、そんなワタクシでも感じてましたよ、何かいるって。
だけどね、ダイジョブなんです。
悪いものではないってわかるから。
するめの唄様的に言うと、「幽霊ではなく妖怪」だから。
座敷わらしだと思えば、楽しい気分にもなります。

こうやって感性の重なる部分を確認しあうのも楽しいですね。
またのお越しを、お待ちしてます!
2012/03/03(Sat) 10:11 | didi #- [Edit

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。