10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
: < >

This Category : エンタメ

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.03 *Sat*

漫画実写化の成否①・・・「花男談義・台湾版」

まずは、前置き

恐れ多くも、これから、ドラマ「花より男子」について語ろうとしています。
我ながらチャレンジャー・・・。
コアなファンがあちこちで語りつくしているような作品をいじるのは、勇気がいります。

自らはまった「善徳女王」のような作品なら、それなりの覚悟をもって書き飛ばせるんですけどね。
すぐ身近に大ファンがいて、熱い語りを聞かされてきたのに、そんな思い入れがあるわけでもない自分が語っていいものかどうか・・・。
よその庭に入り込んで、花を手折って逃げ出すみたいなスリル、ありますね。

批判はどうぞ、お手柔らかに。

さて、本題です。

台湾版の「花より男子」は、ワタクシにとって、アジアの連続ドラマを最後まで視聴できた最初の作品です。

当時海外ドラマといえば、アメリカかイギリスのものだと思ってました。それも、医療系か推理もの限定。
アジアの、しかも恋愛ものなんて全然興味がなかったころ。

友人のひとりに勧められましてね。
断っても断っても推し続けるシツコイ奴に「観なければ絶交」とまで言われて、とりあえず、最初の方だけでも観ておくか、という感じで視聴したんです。

いやあ、ぶっとびましたね。目からウロコのカルチャーショック。

何がって?

映像技術のひどさと、音声の粗雑さ、そして役者の下手さ加減。
揺れるし、ぼける。周囲の騒音を、全く処理しきれていない。
雨の降らせ方なんて、ひどすぎて目が離せません。
しかも、若すぎる役者の青い青い演技・・・というか、棒読み棒立ち多すぎ。
(ああ、怖い。怒らないでね、個人的な感想だから)

・・・にも関わらず、

作品からにじみ出てくる、あまりにも直裁な
原作への愛。

いやあ、本気が伝わってきましたよ。

稚拙な技術と作品への本気にギャップがありすぎて、最後まで見入ってしまいました。

それまでね、日本における「漫画の実写化」に不満を抱いていたんです。

全くリスペクトされていなかったでしょ。
少年ものはとにかく、少女マンガの扱いはひどかった。
総売り上げとか話題性で無視できなくなり、スポンサーの要求があってなんとなく作品化してみたものの、制作側が原作をバカにしきって、全然力が入ってない。そういうものが多すぎでした。

実際、日本の映画「花より男子」は、ひどかった。
(つくしが内田有紀、道明寺が谷口章介、花沢類が藤木直人。ほんと、内田有紀は作品に恵まれない)
あれね、原作者、訴えていいと思います。原作ファンも怒っていい。
純愛ストーリーではなく、DV推進映画ですから。明らかに「冒涜」。
プロデューサーも脚本家も監督も、やる気がないなら、断ればいいのに。
(注・ワタクシいたって温厚な性格です。そのワタクシがここまで言うのですから、お察しください)

(ちなみに、日本版ドラマ「イタズラなKISS」も、ひどかったと聞いてます。
これまた、台湾版の本気の「イタズラなKISS」にまけちゃってるみたいですね)

・・・というわけで、花より男子台湾版も、ちょっと敬遠気味で観始めました。
で、いい意味で、爽快に裏切られました。

どこまでも原作に忠実に。
登場人物の成長を、新人ばかりの役者の成長に重ね合わせて、丁寧に丁寧に撮って行く。

真摯な気持ちが前面に出ていて、日本の漫画文化をこよなく愛するワタクシとしては、なんか、泣けるほど嬉しかったです。

特に、類役ヴィック・チョウの扱いは良かった!
あの子、最初は本当に突っ立ってただけなのに、「類」の雰囲気にはどんぴしゃ。
多分、素・・・だったと思うんですよ。彼自身が、類みたいな男の子だった。
眠たげで、何に対しても興味なさそうで、不機嫌加減が危険なほど冷淡で。

日本版「類」の小栗旬も、なかなかはまり役だったと思います。彼は達者ですからね。
でもやはり、天然の「類」は、ヴィック・チョウだった気がします。

しかも彼は、ドラマの進行とともに、類としての自分を成長させていったわけです。 
つまり、演技を要求されるのではなく、素の状態で、つくしへの思いを膨らませていくことを要求された。
(撮影終了後、つくし役のバービィ・スーと実際にお付き合いをはじめちゃったなんて、オマケまで・・・)
役者としてすでに出来上がっていた小栗旬と違って、新人・ヴィックは、計算なく類としての気持ちに出会っていったような気がしてならないんです。
これ、キャスティングの妙ですよ。
もう二度と再現することのできない、そのときだけの幸運な偶然の産物。

類の役どころは象徴的で、F4全体が、そういう傾向で役を昇華していった気がします。

しかしこれもね、制作陣たる大人たちの原作への愛あってのことですよ。
彼らは登場人物の気持ちを細かく解釈して、それを繰り返し伝えたんでしょうね。
若い役者たちは、大人たちの意を汲み、登場人物に思い入れを持つようになって、それが作品の伸びにつながっていった。

F4を演じた4人の男優は、第一作目がこの作品で幸運だったと思います。
原作を愛することはイコール登場人物を深く理解すること。
それはすなわち、演じる彼らが大切に扱われること・・・だったのでしょうから。

台湾版の「花より男子」がアジアを席巻するブームになって、日本の制作陣の重い腰をあげました。
素材は自国にあるんですから、これまでの怠慢は許されなくなったわけです。

で、話は日本版「花より男子」にうつります。

ここまで台湾版を持ち上げておいて、最後にこんなこと書くのは気がひけるのですが・・・。

実は、ワタクシ、「花より男子」のドラマとしては、日本版が一番好きです・・・、という話を、次回。

2011.11.05 *Sat*

ドラマ「南極大陸」に物申す!・・・と、映画「はやぶさ」「南極料理人」

まず、「南極大陸」に文句を・・・

録画したヤツを今視聴しまして、思わず文句言っちゃいたくなりました。
TBSさん、まずいですよ、これ。
史実となるエピ満載なのはいいですが、感動を押し付けまくるような演出を連打したら、本当のことも全部嘘みたいに見えちゃうじゃないですかぁ。

たとえば第1話。
諸外国にも、自国の政府や経済界にもバカにされていた日本の南極観測計画が、報道の介入で、敗戦後の貧しさにあえぐ国民の夢となっていくのは史実ですよね。
一般労働者や青少年らが草の根的に募金運動を広げ、当時のお金で1億4千万円以上の額を集めたと言うのは、確かに、歴史的な奇跡なんだと思います。
でもね、その事実がすでにドラマチックなんだから、その上子どもと動物使って泣かせようと頑張っちゃうと、話そのものが浮き足立ってなんだか「つくりもの」じみてしまいます。

第2、3話も。
主役のキムタク一人にエピをふりすぎてチームとして全然回ってないですよ。
宗谷が氷に閉じ込められたり、ブリザードに襲われたり、犬同士の統制がとれなくてトラブったり、とにかく見せ場がどんどん展開するんですけど、間というものが全くない。
大事件の箇条書きみたいになっちゃってます。
ドラマとして流れがないから、極地を目指す人たちの暮らしも活動も思いも伝わってこない。
(なんであんなに簡単に越冬に志願するんだ?)
せっかくあれだけのキャストを揃えているのに、一発芸みたいなキャラづくりではなく、生きた人の感情や知性で話をつないでほしいです。

まだ3話しかみてないけれど、残念でたまりません。

次に、映画「はやぶさ」を褒めます

それを思うと、同じサイエンスフィクションでも、堤幸彦監督の映画「はやぶさ」はよくできてたなあ。
制作する人たち皆が、実在の人物や出来事を尊敬してフィクションを構成している。
だから、人間の感情でどたばたすることなく、宇宙にかける夢やら、科学者の生き方やら、「はやぶさ」の存在やらがきっちりと見えてくるんです。
キャストは皆、実在するスタッフの完全コピーを求められたということですけど、それが正解でしたね。

「はやぶさ」は、太陽の裏側にある小惑星に探査機を飛ばし、その欠片を地球に持ち帰ろうという世界初の計画ですが、壮大な割りに、ごく普通の役所のようなビルで、日常業務をこなすように淡々と遂行されます。
打ち上げ、見守り、トラブルに対処し、生還を待つ。
スタッフはみな、相次ぐトラブルや小さな成功など、ひとつひとつの出来事に一喜一憂することなく、自分の現場で最善を尽くす。
余計なエピソードは、いりません。
スタッフが働いている現場を写し撮るだけで、きっちりと一人ひとりの役割や個性、チームの形が見えてきました。

主役は竹内結子となっていますが、違いますね。ありゃ、主役は「はやぶさ」です。
その主役は宇宙の彼方にいて、キャストは皆、動かない味気ないビルの中で淡々と仕事をしているだけ。
地味な映画です。
それでも、時々の感情は豊かに伝わります。
☆打ち上げ成功の喜びや安堵感
☆目標の惑星に到達したときの緊張とトラブルに遭遇したときの混乱
☆宇宙の果てで通信が途絶え「はやぶさ」を見失ってしまったときの焦りや絶望
☆それでも諦めずに周波数を変えながら通信を続け、ついに迷子の「はやぶさ」を見つけたときのにじみ出てくる喜び・・。
☆そして、最後に、帰還。打ち上げから7年を経過して戻ってきた「はやぶさ」への、溢れる思い。

地味な作業を積み上げた上に実現したものだからこそ、これらの情感が、じわじわひしひしとこちらに伝わり、広がっていく。
映画全体が、最初から最後まで「はやぶさ」に向かっているからこそ、無機質な「モノ」であるはずの宇宙探査機が、命ある主役として立ち上がってくるんです。

ここでもう一度、「南極大陸」を考え直します
まあ、あちらは映画で「南極大陸」はドラマ。
スポンサーの制約もあるだろうし、全10話の中に、1次隊どころか2次隊の話まで入れなくちゃいけないみたいだし、開局50周年記念だとかで失敗できないみたいだし、力が入るのは仕方ないですね。
「はやぶさ」みたいに、ほんわりと地味に作るわけにはいかないのかも。
でも、それにしても・・・と思ってしまう。
キャストは皆、ものすごく怖い顔をしてますね。緊張しきってる場面が多い。
でも、観測隊の資料本などを見ると、そこに挿入されている1次隊メンバーの写真は、ほのぼのしているものが多いですよ。

冒険とか、未踏とか、人類初とか、そういう歴史を描こうとすると、大掛かりに考えすぎちゃう傾向にあるけど、実際に携わっている人たちの仕事って、単調な日常の積み重ねがほとんどじゃないですか。
そういうことを大事にしながら、「誰が主役か」ではなく、「何を中心に語るべきか」に絞って、1話1話を密に構築してほしかったなあ。
フロンティアとして最初に南極に乗り込んだ隊員、隊員たちを送り出すためにあらゆる努力をした技術者や科学者や役人、「宗谷」に関わるすべての人たちなどなど、大切に表現すべき対象は、役者の感情や境遇以外に、南極を舞台にするからこそ表現できる大きなものがあると思いますよ。
とにかく、真実らしい語り方で、極地研究のことを伝えてください。
(言い切りの、上から目線感想です。戯れ言・・・と言いたいけど、珍しく、真剣に怒ってます)

ちょっとおまけに、「南極料理人」のこと

「南極大陸」を観ていて、もうひとつ思い出した映画「南極料理人」についても一言。
あれはゆるい映画でした(あ、堺雅人、これにも出てるぞ)。
笑いのセンスがとても良かったので、たくさん笑って、「ああ面白かった!」で終わった映画でしたけど、「南極大陸」を観ていると、実はあれもリアルな映画だったんだなあと思えてきました。

あれは、1997年の越冬の話です。昭和基地よりさらに離れたドーム富士基地の話だから、人数もごく小数。10人もいなかったと思います。
時代が新しいので、1次隊に比べて安全が保障されてはいました。
が、それでも閉鎖的な空間で、少ない人数による単調な日常業務ですから、、食事だけが楽しみになっている隊員の様子はコミカルながらリアルです。
高良健吾がブリザードの中で、「渋谷とか・・・いきてぇ・・・」と呻くシーンは、ほんと、おかしかった。
インスタントラーメンが尽きて半狂乱になる気象学者のきたろうさんとか。
思い出せば、全部、クスクス笑える場面ばっかりだなあ。

主人公の料理人・堺雅人さんが、娘の抜けた歯を大事に身につけていたのに、それを氷の穴に落としてしまっていじける、という場面は秀逸。ものすごく滑稽なのに、家族への思いがにじみ出てきちゃう。

時がたつにつれ、段々、髪がボサボサになり、ヒゲもみっともなくなり、メンバーの中でお母さん、お父さん、おじいさん、長男、次男、三男、ただの居候・・・みたいな役割分担が自然とできて家族みたいになっていく。これも、おかしいけどリアル。
・・・うん。あれは、いい映画だったなあ。
なんだか、間の抜けたおかしさでクスクス感に満ちた「南極料理人」の方が、切羽詰って緊張感ばっかりの「南極大陸」より、リアリティを感じるぞ・・・。

そういえば、ついさっき(5時間前のYAHOOの報道)、南極の氷床に裂け目が確認され、巨大氷山が見られた、とNASAが発表してましたね。
今頃昭和基地では、この事実確認で大わらわなのかしら?
でもね、決して、「なんだって!」「大変だ!!!」なんて声を荒げるようなことなく、「おやおや」「そりゃ面白いねえ」なんていいいながら、日常のペースで調べているんだと思います。
それが、現実ですから。

宇宙開発も、極地研究も、深海探査も・・・、理解されてこその発展ですから。
そういうものを表現する制作陣の方々とそれに出資するスポンサーの方々には、ぜひとも、賢く、鋭く、謙虚に頑張っていただきたいですね。
よろしくお願いしますよ。





2011.09.04 *Sun*

歴史ドラマのこと

ここ数週間、「善徳女王」という韓国の歴史ドラマにはまってしまって、なかなかワクワクな毎日です。
(ドラマにはまるなんて、ひさしぶりなり。妄想もあいまって、楽しいですねえ・・・)
いや、よくできてますよ。総合力が違う・・・。

が、その韓国の歴史ドラマを観ながら強く思うこと・・・。

NHKさん、この作品、観てるかなあ。
韓国ドラマの、歴史に対する本気度をみて、大河ドラマ・・・、考え直してくれないかなあ・・・。

だって、ここ数年、本当につまらないですよ。「龍馬伝」はまあ、ちょっと観れたけど・・・。
「江」にいたっては、「痛い」感じすらします。
歴史上の人物や、その時代に起こった出来事に対して、畏怖の念をもたない人が書いてますよね、あれ。
(すみません。言い過ぎてます?)
戦国時代のガールズトークって・・・、違和感以外のなにものでもなく・・・。
名だたる名将たちも、つまらないオヤジに成り下がっていて・・・(柴田勝家様の扱いはそりゃひどかった・・・)
ひょっとして、戦国時代より、現代の方が「上」って、思ってるのかなあ。
役者陣の名演技が、残念でなりません。
どんなに凝った時代考証をしても、制作側がどんなに丁寧に作ろうとしても、あの内容では・・・残念ですよ。

なんか、韓国ドラマを導入しすぎる放送界に反論もあるみたいですが、歴史ドラマに関していえば、完全に負けてます。
史実に沿って・・・とはいいません。フィクションなんですから。
面白くなくてはいけません。エンタメですから。
ただ、歴史を語るときの姿勢というか・・・、現代に引き付けるにしても、礼儀をわきまえて踏み荒らさない覚悟というか。
そういうものをベースにしてこそ、初めて「歴史ドラマ」の意味があるわけですよね。
日曜日の8時に、戦国時代を背景にした「月9」なんて、みたくありませんから。

特に、「女大河」といわれる作品に、痛さが目立ちませんか?
次の「平将門」はいいとして、次の次、八重さんの話、ダイジョブですかね?(もう、今年は終わったと思ってます)
綾瀬はるかさん、何気に好きなので、変なことにならないといいですね(ジュリちゃんはほんと、可哀想で・・・)。

なんか最近、好きな役者さんが、大河の主役に決まっても、全然喜べません・・・。








2011.09.03 *Sat*

映画「奇跡」 8月は是枝監督作品で・・・

8月鑑賞の記録から。両方、夏休み中の息子と行きました。
 
 息子は初めてのミニシアター。ポップコーンを売ってない映画館です。
 エンドロールの最後まで、観客誰ひとり席を立ちませんでした。
 映画より、そういう映画館のあり方に感動してました。映画にもちゃんと反応しろ、と思う母です。

 「奇跡」は是枝作品。「誰も知らない」に続く、子どものロードムービー。
 日常を丁寧に描くまったりした前半と、子どもだけで旅に出る動きのある後半の対比が印象的でした。
 周囲の情景に溶け込むように、ひっそりと、脇役に徹している大人たちが秀逸です。
 橋爪功とか、樹木希林とか、ちょっと反則な名優たちが淡々と濃密に日常を紡ぐ中、闊達に動き、考える子どもたち。
 さすが是枝監督。子供たち、自由に、普通に会話していて演技とは思えない。

 両親が離婚して、別々に暮らしている兄弟を中心に、鹿児島と福岡に住む子どもたちが熊本に集結します。
 九州新幹線開通の日、上り新幹線と下り新幹線が初めてすれ違う瞬間を目撃すれば願い事がかなう、という噂を信じて。
 いくつか、不思議なめぐり合わせにも助けられながら、その瞬間を目にすることができ、また日常に戻っていく・・・。
 奇跡は起こったか・・・?・・・という映画ではありません。日常のなにげないひとつひとつが、奇跡のような作品でした。
 主人公のお兄ちゃんは、結局願い事をしませんでした。
 「両親がまた一緒に暮らしてくれますように」と、あれほど強く、毎日毎日念じていたのに。
 わざわざ旅に出て、大変な思いをして新幹線を観るポイントにきたのに。
 彼は、その瞬間、「自分の願い事より、世界を選んだ」んです。
 毎日、降ってくる灰に恨み言を言い、桜島を眺めては「噴火すればいい、そうすれば福岡に戻って家族一緒に暮らせる」なんて考えていた男の子が、奇跡を願うはずの瞬間、そういう願いの一切を手放すわけです。
 小さな旅。日常生活にあけた空白の1日。
 戻ってくると、いつもの日常ながら、ひとつ大きく、自由になった子どもがいるわけです。

 この映画を観ながら、うちの子たちが毎年参加している40キロウォークを思い出しました。
 ただ歩くだけなのに、出発前と帰宅後では、明らかに何か、成長してるわけですよ。
 歩きぬいた子が、「やったあ」とか、「すごいでしょ」とか言うのではなく、ものすごくシリアスな顔で考えながら「来年は水筒じゃなくてペットボトルにする。歩きながら飲みやすいから」とか、「合羽を入れる位置は・・・」とか、「日が暮れる前に着くためには・・・」とか、来年参加するための作戦をしきりに考えていてびっくり。
 具体的に何が成長なのか、言葉にはできないあの感じ・・・。あれが、奇跡だったのかなあ・・・なんて。




プロフィール

didi

Author:didi
FC2ブログへようこそ!













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © Didi’s Table All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。